無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
あーそうだ
非常連絡のボタン押して
あなた
(^ω^)σポチッ
緊急センター(?)の人
緊急センター(?)の人
はいこちら緊急センター(?)です
どうされましたか?
あなた
エレベーターが急に止まって…
緊急センター(?)の人
緊急センター(?)の人
はg
Dちらrjomたjmですk?

ブツッ
あーあ

完全に終わったな〜
???
???
あの〜
あなた


あ私?!はい?なんですか…
???
???
多分5時間くらい出られないとしたら、、さすがに無言ってのも…ね?
だから…
自己紹介って言うか〜なんというか〜
あなた
あーわかりました
じゃあ私から
あなた
年齢は20歳、大学2年生です
親がいないので、ここでアルバイトしています
あなたって言います
ななもり。
俺はななもり。って言います
ジェル
俺はジェル
さとみ
俺はさとみ
るぅと
るぅとって言います!
ころん
ころんくんです!⤴︎ ⤴︎⤴︎
莉犬
莉犬でーす
ななもり。
俺たち6人ですとろべりーぷりんすって言うグループで歌い手やってて、今日はみんなでご飯食べよってことでここに来ました
あなた
((((꒪꒫꒪ ))))
さとみ
あ、もしかして知ってくれてます?
るぅと
、あなたさん...?
だ、大丈夫ですか?
あなた
チ───(´-ω-`)───ン
あなた
バタッ
ころん
うぅぇええ?!
し、死んじゃった...
ジェル
おいころん
変な事言うな
莉犬
どうしよどうしよ💦