無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

よん





そしてそろそろ寝る時間。
きいろ
そろそろ寝ない?
あか
そうだな



4人が布団を準備する。
みどり
よっし。
あお
あなたさん、ここで寝てね~
あなた
あなた
あ、ありがとうございます
きいろ
じゃあ、おやすみ…



『おやすみ~』



それを合図に、みんなが眠りについた。














次は彼ら目線だよっNEXT→