無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ろく
あなた
あなた
ん…


目が覚めた。



そこに広がっていたのはいつもの景色。



驚いて飛び起きる。
あなた
あなた
えぇっっ!


とりあえずリビングに行く。






ドアの向こうはリビングだった。



あなたのママ
あなたのママ
あら、あなたおはよ
あなた
あなた
お、はよ…
あなたのママ
あなたのママ
昨日友達のところに遊びに行ってたの?
あなた
あなた
う、うん
あなたのママ
あなたのママ
そう。ならよかった…
ちょっと心配したわw
あなた
あなた
あっ、ごめんw




江戸行ってた、なんて言えるわけない





まあ、何はともあれ、無事に戻れたからいいけど…











"あの人たち"、心配してるんじゃないかな…








今さら何を考えてももう戻れはしない。






あまり深くは考えないことにした。





NEXT→