前の話
一覧へ
次の話

第4話

1話
274
2019/08/27 09:12
〇〇
〇〇
は…?なんなんですか?急に
赤く染った教室に呼ばれた私だがその相手がまさか学校で話題になっていた苺の王子達だった
それと、急にプロポーズされたのだが
〇〇
〇〇
話すの、今日が初めてですよね?
さとみ
さとみ
まあ、気にしない気にしない
チャラチャラした先輩だな。
見た目からしたらこのピンクとオレンジはチャラ男だな。
私のタイプじゃない
後ろに居る莉緒くんと蒼太くんは知ってるけど正確に話したことはない
ころん
ころん
ねぇ、返事は?
〇〇
〇〇
いや……"ごめんなさい"しかないでしょ
莉犬
莉犬
俺も!?
るぅと
るぅと
僕も!?
〇〇
〇〇
当たり前ですよね
いやいやと紫髪の人はいう
この人は確か生徒会長の人だ
そんな人がなんちゅうことしてるんだって話よ
バカバカしい。それに私達はまだ高校生
ななもり
ななもり
じゃあ、帰ろうか
〇〇
〇〇
さよなら
ジェル
ジェル
あれ?こっちやで
〇〇
〇〇
あ、私の家あっちです
莉犬
莉犬
君も今日から俺たちの家で暮らすんだよ!
と、莉緒くんは喜んだ顔で言ってきた
いや、私は何も聞いてないしこの人たちと同居なんて絶対にむr
さとみ
さとみ
君の親からも許可取ってるから
うわ、親というワードがいちばん嫌い
この人達嫌いなタイプだな
ジェル
ジェル
じゃあ、帰ろうか
〇〇
〇〇
いや、家に帰ります
るぅと
るぅと
ダメですよ
蒼太くんと青木先輩が通り道を邪魔する
私、靴履きたいだけなんだけど…
と、そんなこともあろうかと靴を持ってきているのだ
そしてここで靴を履いて
窓にすたんば〜い!今日持ってきた傘を使って
ころん
ころん
え?まさか
〇〇
〇〇
失礼しまーす!
「「「「「「ええええええ!?」」」」」」
窓から飛び降りたのだ
ここは3階、下手すれば骨折になりかねない
でも、この周りには木が沢山ある
枝に傘の持ち手をかければ
ほら、これで大丈夫!まっすぐ家に帰れるね☆
〇〇
〇〇
よし……走ろう
あの人達に追いかけられたら厄介だから
私も嫁に出るつもりは無いし
ころん
ころん
あいつ、窓から飛び降りたよ!?
さとみ
さとみ
あの女……やるな
ななもり
ななもり
湊崎  あなたちゃん……やっぱり凄いや………クスッ

プリ小説オーディオドラマ