無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

スケアリーモンスターズtwo
ドシーン


???「うわぁ!」





???「ごめんねぇ」





『えっえぇ、』



キ「どうしたn」




???「待なさい!フロイド!!!」





フ「いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」




フ「お、俺を隠してぇぇぇえ」






『!?わ、分かったわ?こっち...........』
ガシッ






『ビクゥゥッ』




??「待ってください(ハァハァ」

??「フロハァハァイドハァハァを返してください(^^*」
『どどどど、どうぞッッ』




??「ありがとうございます^^*では、フロイド?」



フロ「アッ..........ジェ、ジェイド...?」




ジ「はい?なんでしょう急いで着替えますよ?(圧圧圧」



フ「は、はい…」




ダッダッダッダッ





『嵐みたいな人達でしたね..........』



キ「え、えぇ」





カ「おっ!!!!!いたいた!!!キララー!あなた〜!」





2人「!!!!!」




キ「カリムー!」



カ「(ギュッ」





キ「んふふ(/////」




ジャ「ハァハァ..........」


『嗚呼..........(察し』



ジャ「あなた!!!!!」


『っ!?なっ、何?』



ジャ「Trick or Treat.」



『∑(ºωº`*)はっ』



『(いま、お菓子はなぃ...でもイタズラはいやd..いや、最高だが...嫌だ...)』




ジャ「ないだろう?あなた」



『そ?なことないけど?』(ポーカーフェイス


ジャ「Trick or Treat. 3...2...1..........0」
ジャ「時間切れだ♡」(ごめんキモイかも(((()





ジャ「キララ...あなた貰って行くぞ〜」




キ「!はーいニヤニヤいってらっしゃーい♪」



キ「程々にね〜」
ジャ「あぁ..........」



ガシックルッ
(お姫様抱っこ)




『!?////』



ジャ「気分悪くしたら言えよ」



『は、はい』