無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話
フッこの回でカッターキャーすると思ったか!!!!!残念だったなあ!!!!!(´・∀・`)ヘッ←


監督生ちゃんやばめの子だけどカッターキャーしないから安心してくだされ←







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
監督生ちゃんたちがドワープ鉱山に行ったあとくらいかな?あ、いい忘れてましたけど若干原作沿いです(  ˙-˙  )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
監「グリムぅ迷っちゃったあ♡」

グ「またなんだゾ!?いい加減にするんだゾ!!!!!」



監「グリムゥどっちかわからなぁい?」



グ「俺様頼りにされてるんだゾっ??ご褒美ツナ缶5個!!!!!どうだ!」



監「はぁ?」



グ「ビクゥッ」






『(あら?どうしたのかしら...あ、あれは監督生ちゃんね)』
『どうかしたの?』




監「へっ?あ、えぇっとぉ♡」




監「道にぃ迷っちゃってぇ♡」




監「場所を教えてくれませんかぁ?♡」




『えぇ、いいわよ?どこに行きたいのかしら?』



監「えっとぉ♡錬金室ぅ?かな?私ぃすぐに忘れちゃうのぉ♡ユウナってばぁどじぃ♡」




『え、えぇ(^ω^;);););)〿』





『錬金室はあっちよ一緒に行きましょう』




監「はぁい!」
in錬金室
クル「GoodGirl!!!!!」




クル「よく来たな仔犬共」



『はい』




監「えへへぇ♡ユウナ偉いでしょお♡」




クル「batGirl これくらい当たり前だぞ駄犬」




クル「仔犬...駄犬を連れて来て感謝する」





『あ、はい全然大丈夫です』



クル「GoodGirl!.....帰っていいぞ!」
『は〜いThank you my teacher.』 






クル「OK Good girl!You're welcome.」
『失礼しました』
監「なんて言ってたんですかぁ?♡」






クル「?英語も知らないのか駄犬...まぁ、いいこのクルーウェル様がみっちりと教えてやろう」















監「いや、いいですぅ!♡」










クル「..........」









監「...(気まづい!!!!!)」





チャンチャン!