無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話
ーーー年前
(回想)


『いっ''だ!やめて!』

男「うるせぇ!」
バキッ

『ヴッ』

???「やめろ!!!!!今すぐ辞めなければ貴様を~~~〜」

『(きこえない..........ねむくなってきたや)』

そっとめを閉じた



また数年後


『ジャミル!!!!!』


ジャ「あなた!!!!!」

『好き!』
ジャ「俺もだ!大人になっちゃらけっこんしような!」
『うん!』


カ「おられもおとなになったらけっこんしよう!キララ!!!!!」

キ「ええ!もちろん!」
(回想終了)




『(懐かしいなこんなこともあったね..........今は従者として頑張んないとね..........)』


ジャ「どうした?気分が悪いのか?」

『...うんん大丈夫よちょっと昔のこと思い出してたの』

ジャ「.......そうか?なんかあったら言えよ?」

『えぇ、でもかりm』

カ「おぉぉぉぉぉぉい!ジャミル〜あなた〜」
ジャ「カリム!!!..........はぁまた後でな」

『えぇ( ̄▽ ̄;)頑張って...』

ジャ「ありがとu」


キ「きゃぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあぁぁぁあ!!!!!」


『!?!?!?』




キ「あなた〜(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷᷄๑)」
『(  ˙-˙  )はぁハイハイ..........お互い大変ね..........』


ジャ「...あぁ」
こうして私たちは別れた