無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

スケアリー・モンスターズthree
『ってかさっきのとりっくおあーとりーとの発音上手なの羨ましいわ』





ジャ「ふっ、だろう?」



※走りながら喋っています※
ジャ「この後どうしたい?」







『どうもしたくないけどブラブラしとけばいいんじゃないかしら』







ジャ「じゃあ、それで決まりだn」







モブ「フォォ!!ウェーイ!!マジカメ〜!アゲー↑」









2人「『..........』」(フル無視)
モブ「そこのカップル〜一緒にマジカメ映えしょーよ〜」


2人「『すみません急いでいるので』」


モブ2「のりわるぅサガルワァ」




モブ3「NRCのカップルだ〜!」パシャパシャ!!




2人「『!?』」




『ジャミル下ろして(小声』




サッ!コトン






『ねぇねぇおにーさんたちー♡』←色仕掛け




『私ねぇ♡いま忙し〜から〜♡また後でここに来るからさ〜静かに待ってける〜?♡』





『待ってくれたらぁ〜♡わたしがぁね?いっぱいいっぱいいい事してあ・げ・る♡』





モブ共「「「は、はいっっっ!!」」」




『んふふ♡よろしい!じゃあ、待っといてね〜♡いい子ちゃんたち♡』



モブ「はい!」
『ばいばーい♡』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
離れたところ






『誰が行くかよあんな所に..........ね〜w』



ジャ「演技力凄かったな..........じゃあ今からゆっくり回ろうな」




このあと2人でゆっくり回ったとさめでたしめでたし♪
一方モブたちは






モブ「まだかなー遅いなー」



ずっと待っていましたとさ☆