無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
ガヤガヤ






「──────────!」





「────!!!!」





「───────あなた!!!」



『はぇ?』





カ「キララが呼んでるぞ!」




『え、あ、あぁあんがと』



カ「それにしてもどうしたんだ?ぼーっとして!」





『いえ、考え事をしてただけなの』




カ「そうか!!何かあったら言いえよ!わーっはっは!!!!!」
『ええ、頼りにしてるわ』
━━━━━━━━━IN廊下━━━━━━━
『どうされましたかキララ様』




キ「いぇ、何も」





『へ?』




キ「一緒にお弁当を食べましょう」




『あ、はい』


ジャ「あ、あなた────。おや?邪魔したな」
キ「?ジャミルどうしたの?」






ジャ「あなたに用があるんだ借りてもいいか?」




キ「..........ええいいわよ」
ジャ「ありがとうな」







ジャ「あなたこっち来い」グイッ







『えっ、あっ』






ジャ「..........」




『..........?』





ジャ「今日、夜俺の部屋に来てくれないか?」





『?えぇいいわよ』





ジャ「ありがとう...(作戦についてだから安心しろ((ボソッ…」

『!!!!!えぇ!』( *^꒳^*)






夜のスカラビアINジャミルの部屋