第14話

岩谷の計画 2
250
2018/12/15 04:48
坂月美南
坂月美南
……ん?杏南?
杏南
杏南
っ!さ、坂月さ…
坂月美南
坂月美南
そのノート…
坂月さんは、私が持った青いノートを指さした。
杏南
杏南
…これ、ですか?
坂月美南
坂月美南
それさ、白紙だろ
杏南
杏南
え、なんで知って…
坂月さんは、私が開けた引き出しの奥から、何かを取り出した。
坂月美南
坂月美南
これも持っていけ
坂月さんに差し出されたのは…青いペン。
杏南
杏南
え、これって…
坂月美南
坂月美南
いいから持っていけ!
坂月さんに押し出された。
バタンッ。
ドアが閉まった。
…それにしても、坂月さんは、会議室に何しに来たのかな…
って、今は急がないと!
私は、寺本くんに指示された場所へ、ペンとノートを持って走った。


秀介side
ピリッ!
さっき思いっきり走ったせいで、足が痛い。
早く岩谷を探さないといけないのに…
あいつを見つけないと、この学校は…俺達は…
……あれは…
屋上の端で、誰かがスマホを触っている。
…俺の目に飛び込んだのは、岩谷の本当の・・・姿だった。
寺本秀介
寺本秀介
…お前…
岩谷
岩谷
……
岩谷は、何も言わずに俺を見て笑みを浮かべた。
寺本秀介
寺本秀介
…お前が岩谷・・結奈・・なんだな?
岩谷いわたに結奈ゆな
彼女は、…岩谷怜奈の双子の姉だ。
岩谷
岩谷
…そう、私が岩谷結奈だよ
寺本秀介
寺本秀介
…お前が、岩谷怜奈を殺した犯人だな
岩谷
岩谷
……
岩谷はまた、何も言わずに笑みを浮かべた。
杏南
杏南
え…
杏南side
どういうこと…?
今までの「怜奈さん」は存在しなかったの?
寺本秀介
寺本秀介
…岩谷が電気ショックを受けた直後、お前は弱っている岩谷を殺した
岩谷
岩谷
……
寺本秀介
寺本秀介
証拠を隠蔽するつもりだったんだな
何人かに見られてたけど
岩谷
岩谷
……
寺本秀介
寺本秀介
その後は、ウィッグを被り、岩谷怜奈になりきった
当然、俺を含め、誰も気づかなかった
…私が今まで見てきた怜奈さんは、全てこの人の演出だったってこと…?
寺本秀介
寺本秀介
それをいいことに、お前は再び計画を実行した
岩谷
岩谷
……
杏南
杏南
…あの
寺本秀介
寺本秀介
なんだ?
杏南
杏南
計画って…何のことですか?
寺本秀介
寺本秀介
…岩谷とこいつは、学校を統一して、自分達に従わせる計画を立てていた
岩谷も、最初は協力していたけど、途中で思い直して、お前に中止を訴えた
岩谷
岩谷
……
寺本秀介
寺本秀介
でも、お前は耳を向けなかった
…そして、こう企んだ
岩谷
岩谷
……
寺本秀介
寺本秀介
「計画を邪魔する奴は、いくら妹だろうが、殺してしまえ」
岩谷
岩谷
…その証拠は?
証拠がなかったら、仮説が成り立っても私が殺したとまでは証明できないんじゃない?
岩谷は、どこか楽しそうに寺本くんを見る。
寺本秀介
寺本秀介
証拠は、殺害時の目撃者の証言、そして、岩谷自身だ
岩谷
岩谷
…岩谷、自身?
寺本秀介
寺本秀介
…城崎、ノートとペンを貸してくれ
杏南
杏南
は、はい!
私は、慌てながら、寺本くんに渡した。
寺本秀介
寺本秀介
…このノートには、岩谷の最期のメッセージが残されている
え…でも、あのノートには何も…
寺本くんは、ノートを開き、ペン…に見せかけたライトでノートを照らした。
杏南
杏南
…あ!
何も書かれていなかったノートに、みるみると文字が浮かび上がる。
寺本秀介
寺本秀介
…城崎
杏南
杏南
っ、はい!
寺本秀介
寺本秀介
この文字読めるか?
杏南
杏南
はい…!
えっと…
『お姉ちゃんへ

 もう私を殺そうとしてるよね

 もう遅いってことは分かってる
 
 でも、私を殺した後でいいから、このノートを読んでほしいんだ

 途中で裏切って、本当にごめん
 
 最初に間違いに気づいて、すぐにお姉ちゃんに言えたらよかったのに…

 本当にごめんね…
 
 そして、お姉ちゃんに一つだけ頼みたいことがあるんだけど、聞いて貰えるかな?

 






























寺本くんには絶対に、何があっても被害を及ばせないでほしい

 ワガママでごめん

 でも、私が最期に愛した人だから

 
 怜奈』
岩谷
岩谷
……っ、怜奈…
岩谷の目から、涙がこぼれた。
岩谷
岩谷
…寺本くん、本当にごめんなさい
岩谷は、寺本くんに向かって、深々と頭を下げた。
岩谷
岩谷
…そして、大切な存在に気づかせてくれて、本当にありがとう
岩谷が、泣きながらも微笑んだ。
寺本秀介
寺本秀介
…いえいえ
寺本くんは、…一瞬だけ微笑んだ。

プリ小説オーディオドラマ