第10話

2軍の動き 2
282
2018/11/25 01:07
怜奈さんも撲滅隊に加わり、私達の計画は順調に進んでいる。
しかし…2軍には、未だに近づけないでいた。
坂月美南
坂月美南
電気ショックが危ないな
対策法を考えないと
岩谷怜奈
岩谷怜奈
うんうん
あれ、めっちゃビリビリ来るよ
西丘くるみ
西丘くるみ
まじ⁉危ないな~
吉岡七海
吉岡七海
もういっそ、先生に言いつけちゃう…とか?
杏南
杏南
じゃあ、私達女子陣が言いに行くとして…
寺本秀介
寺本秀介
俺達は2軍を見張っておく
芹沢朝陽
芹沢朝陽
まあ、いつ来るか分からないからね
相良壱琉
相良壱琉
あ、俺も~
相良壱琉(さがらいつる)くんは、1軍の男子。
綾瀬深海
綾瀬深海
俺も
綾瀬深海(あやせふかみ)くんは、撲滅隊唯一の2軍。
私達は、先生に言いに行くことにした。


吉岡七海
吉岡七海
………というわけなんです
先生
なるほど…主に河村悠里が危険な行動をしているんですね
岩谷怜奈
岩谷怜奈
はい
先生
岩谷さんは、その電気ショックを浴びたんですね?
岩谷怜奈
岩谷怜奈
…はい
あれは本当に危険です
先生
…分かりました
保護者の方と、校長先生に問い合わせてみます
西丘くるみ
西丘くるみ
ありがとうございます!
先生
…君達には本当に学校の環境をしっかり守って貰ってますからね
坂月美南
坂月美南
…自分のいる場所を快適にしているだけだ
先生
そうですか…まあ、本当に感謝していますよ
杏南
杏南
…ところで、スクールカーストって無くせないんですか?
先生
そうですね…まだ2軍以外にも危ない1軍もいますからね
杏南
杏南
…そうですか…
…やっぱり無理なんだ…
こんな制度がなかったら、私も…寺本くんも、平和に過ごせるのに…


ー秀介sideー
苑田未央
苑田未央
…ねぇ、悠里
河村悠里
河村悠里
…なんだ
苑田未央
苑田未央
やっぱりさ、あの人に謝った方が…
河村悠里
河村悠里
俺達を下僕みたいに扱ったのが悪いだろ
苑田未央
苑田未央
でも、もしかしたら、あの人病気とかになってるかも…
河村悠里
河村悠里
あんな奴、病気にでもなって死ねばいい
相良壱琉
相良壱琉
……っ!
芹沢朝陽
芹沢朝陽
壱琉、落ち着いて(小声)
相良壱琉
相良壱琉
でもあいつ…!
河村悠里
河村悠里
…誰かいるのか?
相良壱琉
相良壱琉
河村悠里
河村悠里
なんだ、お前らか
俺達を見張って、タイミングを見計らって従わせようとでも?
河村が悪魔のような笑みを浮かべた。
綾瀬深海
綾瀬深海
そんなわけ…
河村悠里
河村悠里
お前も俺達を裏切ったからなー
綾瀬深海
綾瀬深海
っ!
河村悠里
河村悠里
まあ、悪いけど、この武器には誰も勝てないよ
河村があの…岩谷に浴びさせた電気ショックを手に持った。
寺本秀介
寺本秀介
…お前
相良壱琉
相良壱琉
やめろ!
壱琉が河村に飛びかかった。
寺本秀介
寺本秀介
おい!
俺が急いで壱琉を止めに行くと…
ビリビリビリビリッ!
寺本秀介
寺本秀介
っ!
河村悠里
河村悠里
あーあ、もう当たっちゃったか
岩谷怜奈
岩谷怜奈
てら…
杏南
杏南
寺本くん!
城崎が近くに駆け寄った。
寺本秀介
寺本秀介
…っ、来るな…お前まで浴びさせるわけには…っ
河村悠里
河村悠里
あんた危ないよ?
これ、前回の10倍になってるからね~
杏南
杏南
っ…
城崎が一歩後ずさった。
俺の意識は、…そこで途絶えた。
ー杏南sideー
河村悠里
河村悠里
さて、次は誰がいい?
河村くんが不敵に笑う。
血の気が引く感覚がした。
その時…
パシッ。
??
やめろ
河村くんの腕を掴んだのは…
河村悠里
河村悠里
…兄貴
河村翔里
河村翔里
お前、いい加減にしろ
河村くんのお兄さんだった。

プリ小説オーディオドラマ