第50話

🧊 6 🧊
832
2022/09/19 04:35
岩本side
阿部亮平
阿部亮平
ただいまー
岩本照
岩本照
ただいま
阿部と2人の仕事が終わり、ラウールとあなたがいるはずの家に帰った。

でも、いつもは誰かが帰ってくると玄関まで走るあなたが今日は来ない。
阿部亮平
阿部亮平
あれ、あなた来ないね
岩本照
岩本照
な、俺も思った
手を洗ってリビングに行っても、そこには誰もいなかった。
阿部亮平
阿部亮平
出掛けてんのかな
岩本照
岩本照
でも玄関に靴あったぜ
阿部亮平
阿部亮平
じゃあ...部屋?
岩本照
岩本照
2人で部屋に籠ることあるか?
阿部亮平
阿部亮平
あの2人ならわかんないよ
阿部亮平
阿部亮平
行ってみない?
岩本照
岩本照
まあ...いいけど
2人でラウールとあなたの部屋の前まで行き、ドアをノックする。


コンコン
阿部亮平
阿部亮平
...返事ないね
岩本照
岩本照
部屋入ってみる?
岩本照
岩本照
寝てるかもしれないし
阿部亮平
阿部亮平
怒られるかもよ
岩本照
岩本照
いいだろ
音を立てないようにそっとドアを開けて部屋に入る。

...と。
岩本照
岩本照
えっ...
予想通り、2人は寝ていた。

でも、2人ともおそらく服を着ていなくて、抱き合いながら幸せそうな顔をして眠っている。

掛け布団で隠れて肩しかわからないけど、その肩を覆う布はない。

おまけに床には2人の服が散らばっていて、明らかに『事後』だった。
阿部亮平
阿部亮平
あーあ、風邪引いたらどうするんだか
そんなことを言う阿部は微笑んでいた。
岩本照
岩本照
いや、呑気過ぎない?
阿部亮平
阿部亮平
とりあえず、起こしたら悪いし、出よ
岩本照
岩本照
お、おう
部屋から出てまた音を立てないようにドアを閉め、リビングに行った。
岩本照
岩本照
え、待って、めっちゃ混乱してるんだけど
阿部亮平
阿部亮平
前にもあった?
岩本照
岩本照
しばらく前にラウールがあなたのこと押し倒してたから止めたことはある
阿部亮平
阿部亮平
そっか
阿部亮平
阿部亮平
その時の照は間違ってないよ
岩本照
岩本照
でもまた、
阿部亮平
阿部亮平
...多分だけどさ
阿部亮平
阿部亮平
あの2人、付き合ってるよ
岩本照
岩本照
え?
阿部亮平
阿部亮平
なんとなく、雰囲気とかが変わったんだよね
阿部亮平
阿部亮平
ちょうど2人で出かけたあの日から
岩本照
岩本照
...確かに、あいつらが付き合ってないのにそういうことするとは思えない
岩本照
岩本照
いつの間にか大人になったな
阿部亮平
阿部亮平
ね、ほんと
阿部亮平
阿部亮平
...恋人には、シェアハウスって向いてないかもね
岩本照
岩本照
なんで?
阿部亮平
阿部亮平
ああいうこと、滅多に出来ないじゃん
阿部亮平
阿部亮平
こういう仕事してるとホテル行くことも無理だし
岩本照
岩本照
ああ...たしかに
岩本照
岩本照
あー、でもなんか嫌だな
阿部亮平
阿部亮平
なんでだよ
岩本照
岩本照
大事な娘と息子だぜ?
岩本照
岩本照
それがあんなことしてるとか...いや、反対はしねえけどさ...
阿部亮平
阿部亮平
見守ってあげよう、それしか出来ないよ
岩本照
岩本照
...だな
いつの間にか、俺らに守られていたラウールは自分で自分の大切な人を守るようになって、あなたもまた強くなった。

きっとあの2人はずっと一緒にいる。

何があっても、どんなに反対されても、絶対に別れず、お互いの傍に居続けて、いずれ家庭を築く。

この時は、そう信じて疑わなかった。

プリ小説オーディオドラマ