無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

お風呂
ピピッお風呂の音


















오빠
오빠
あ、お風呂沸いた












2人でゆっくりお話ししてたらもう湧いちゃった

















 서윤
서윤
오빠先入っていいですよ‼︎
오빠
오빠
いやいや、
 서윤
서윤
いいんです‼︎ゆっくり浸かって来て下さい‼︎
오빠
오빠
わかったよ













君がいなくなってから















ずっとシャワーだけだったのに
















_














久しぶりのお風呂は温かくて、



















ずっと浸かってると




















君との思い出を思い出しそうで




















怖くて























すぐ出てしまった





























こんな恐がりな僕を









































君は許してくれる⁇