無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

じゅうはち





あなた side














ジャニーさん 「…………ほんとにそれでいいのかい」




あなた 「………はい。」




ジャニーさん 「Youが決めたことなら止めないよ」




あなた 「…ありがとうございます。」




ジャニーさん 「これからどうするんだい」




あなた 「……一般人に戻ろうかと。」




ジャニーさん 「……そうか。」




あなた 「はい、今までありがとうございました。」




ジャニーさん 「………」




あなた 「失礼します。」



















































































































やめることをジャニーさんに伝えてきた。




社長室を出ると私の頬になにか温かいものが流れて行った。




それが涙だと気づくのはすぐだった。




でもどれだけ止めようとしてもこの涙が止まることはなかった。




はやく荷物をとって出ていかないと行けないのに。




なんで止まらないの。。。




なんで涙が出てくるの。




この涙がなんで出てくるのか、なんの涙なのかは




わからなかった。













































































































































守るためだって




こうするしかないって思っとかないと




どうにかなりそうで。




あほだなぁ。。。







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れもんてぃー
れもんてぃー
西畑おんりーわんっ。 ふゃんま ❥❥ 🍋🍎 Twitter ❥❥ @Ringo__0109 Instagram ❥❥ @Nishihataringo__728
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る