無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

じゅうろく





西畑 side

















今日は仕事が午後からって言われてたから




ゆっーーーくり、ゴロゴロしてて





貯めてたテレビ見よーと思ってつけたら





あのニュースがちょうどでてきた




このことを誰が漏らしたかなんてすぐにわかった




あいつしかおらんねんから。




俺にはもう俺が手を出したらあなたが死ぬかもしれへんとか




傷つけるかもしれへんとかそんなん頭になかった




ただ無我夢中で走ってた







































































































んで、レッスン室についた




………どこにおるんや






















大橋 「…大ちゃん!!」




西畑 「あ、はっすん!」




藤原 「あ、おった、あいつしらんか?」




西畑 「俺も探してて……」




藤原 「今、みんなで探してるから見つけたらゆーて」




西畑 「わかりました!」































































































































………くっそっ、、、!!!!!!!




どこおんねん。ほんま。




あんなニュース否定するにはあいつがおらんかったら




あなたを助けることなんてできるわけない




あいつが否定してくれるなんてわからん




でもちょっとの可能性でも信じな




………信じるってなんやろ。




信じるなんて俺はあなたにしかしてへん。




でもあなたはもう俺の事なんて信じてない。




そんなんわかってる。




あなたからの信用がなくたって、仲間なんて思われてなくたって




俺はまたあなたと一緒にやって行きたいから




信用してもらえるまで頑張るから




やからとりあえずあいつ見つけて




否定してもらわな!!!



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れもんてぃー
れもんてぃー
西畑おんりーわんっ。 ふゃんま ❥❥ 🍋🍎 Twitter ❥❥ @Ringo__0109 Instagram ❥❥ @Nishihataringo__728
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る