無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

さん





あなた side














いや、ん?しんめんばー?






なにそれ?おいしいの??←






しかもぶりっ子やん、無理なんやけど






……うわーお、めっちゃ睨まれてる






こわーい♡♡♡←←






絶対腹黒やつやん、だる






さっきからみんながちで顔ひきつってるし






空気ほんま悪い






てかジャニーさんもなんで入れようとしてるん??






今更加入とか荒れるだけやってわかへんのかな?






Snow Manでわかったやろ。。






それに歴やってめっちゃ浅い






今まで努力してきたひとはどうなるん、






ほんまいや、























































西畑 「…加入発表はまいジャニでするらしいから






それまでに歌とかダンスしてもらわなあかんねんけど






できる??」






姫宮 「はあい、できますぅ」






西畑 「なら立ち位置だけ確認して全員で合わせよっか」






全員 「はーい」















































いや?あのね?まぁ個人の自由やし?






あれこれ言うつもりはないけどさ






あのしゃべり方なんとかならへんのかな?






はっ倒したくなるんやけど←←































































~ダンスと歌の通し終了~






西畑 「………………」






『うわーお』






大西 「あなたちゃん!(ベシッ」






道枝・長尾 「( ゚д゚)ポカーン」






高橋 「……やば(ボソ」






藤原 「……………」






大橋 「これから練習していこか、(苦笑」






姫宮 「完璧ですけどぉ?」






『それで完璧なわけないやろ』






西畑 「ちょ、あなた!」






『Jrの世界なめんなよ、






いつまでも自分を甘やかしていくんやったら






とっとと辞めろ』






大西 「……あなたちゃん。。」






藤原 「俺もあなたと同意見。






ちゃんとできひんねんやったら加入は認めへん」






姫宮 「…………」






マネ 「あなた〜、女性誌の撮影〜」






『あ、はーい、じゃ、ちょっと行ってくるわ笑』






西畑 「おけおけ、頑張ってこいよ」






『はーいー』











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れもんてぃー
れもんてぃー
西畑おんりーわんっ。 ふゃんま ❥❥ 🍋🍎 Twitter ❥❥ @Ringo__0109 Instagram ❥❥ @Nishihataringo__728
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る