無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

きゅう





末澤 side

















『…えっと、姫宮さん、?どうした?』






姫宮 「あのぉ、わたし…ヒック…」






リチャ 「え?」






姫宮 「朝比奈さんに、ヒック…いじめられて、て…ヒック…」






『…は、?』






リチャ 「んなわけないやん。笑」






姫宮 「ほんとですぅ…ヒック…」






小島 「いやいや。笑」






姫宮 「信じてくれないんですかぁ、?ヒック…」







リチャ 「あなたのほうが信用しとる、てかあいつに






人をいじめる暇なんてないわ。笑」






佐野 「…それですよ。笑」






姫宮 「でもぉ、なにわ男子の皆さんは信じてくれたんですぅ」






正門 「…………………………」






『は、ほんまか?大吾?は?』






西畑 「誠也くんには関係ないじゃないですか、」






『は、』






西畑 「姫宮さんも泣いてるし、信じない訳には






いかないでしょ」






『おまえ、なにいってん』













































































バシッ
















え、?






目の前で誰かが大吾叩いたで、?
































































西畑 「なに、?正門。」








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れもんてぃー
れもんてぃー
西畑おんりーわんっ。 ふゃんま ❥❥ 🍋🍎 Twitter ❥❥ @Ringo__0109 Instagram ❥❥ @Nishihataringo__728
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る