第3話

二人の約束
503
2018/06/09 21:57
望覚えてたのか……
小瀧望
俺との約束は
そんなもんやったんやな。
あなた

ち、違う

小瀧望
何がちゃうねんっ!!!!!
あなた

の、のぞむ……

望は走って帰っていった。
もうどうしたらええんやろ、
濵兄に相談しよか……
プルルルル
濵兄 (( 濵田崇裕
どした、あなた
あなた

あのな、神ちゃんと付き合ってること
望に言うたら怒ってしまったんや

濵兄 (( 濵田崇裕
あ〜望、あの頃の約束から
変わらずあなたが好きだったからな
あなた

そうなん、濵兄……

濵兄 (( 濵田崇裕
望も辛かったんとちゃう?
あなた

せや、おおきに

濵兄 (( 濵田崇裕
おう
神山智洋
あなた〜待たせた!
あなた

あ、智。ちょっと用事あるからゴメン

神山智洋
え、なんの?
あなた

ごめん急用

すごいなんか胸の当たりが
モヤモヤする。
多分ちゃんと望に言えばスッキリ
するはず。
あなた

……っ望!

小瀧望
なに
あなた

本当にごめん。
でも、神ちゃんが好きだから。

小瀧望
うん
あなた

じゃあね。

小瀧望
だけど俺、諦めへんから。
あなた

……ん?なんかいった?

小瀧望
なんでもない
あなた

じゃね

言いたいことは言えて
スッキリした!

でも、モヤモヤする……
なんでや……