無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2021/08/20

第19話

学校。
学校に行く理由。

第1はお母さんに怒られないため。

第2はスクールカウンセラーの人と話すため。



お母さんに怒られないため。

これはもう、

うん、

お母さんが怖いから。

でも、何回も休んでしまう。

朝起きるのがすごく辛い。

それだけでも辛いのに、

元々仲良くしてた人に会うのも辛い。

休みすぎる僕が悪いんです。

仲良しさんは悪くない。

そんなに僕は必要じゃなかったんだな。

そんなふうにも考えてしまう。

自分から話しかけられない。

僕といる時よりも、

ずっと楽しそうだから。

この空気を、

僕は壊してはいけない。

でも、すごく辛いんだ。

監禁されている箱には

たくさんの人がいるのに、

誰一人として、

僕と話してくれない。






スクールカウンセラーの人と話すため。

これも、

僕が行きたいって言った。

もうそろそろ行き始めて1年経つ。

ぼく、よくやった。

学校に行こうと思えるように。

何か楽しいものがあった方が

行きやすいと思って。

これは正解だった。

スクールカウンセラーの人すごく優しくて、

お父さんもこんな感じだったなー

なんて思ってしまう。

あーあ、会いたいな。

お父さんなんでいないんだろ。