無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さ ん





ガラッ






先生「あなたの名字、話がある。」







『はい…?』







先生「先程、ご両親が亡くなられた。」



『は?』



先生「不幸な事故だそうだ。今日はもう帰れ。」




『あの……嘘、ですよね?』







先生「……」



ねぇ……嘘って言ってよ……



この先どうすればいいのよ。



帰る?誰もいない家に?そんなの……




『帰りませんっ…。誰もいない家なんて嫌ですっ!』



先生「これは校長先生からの指示だ。従いなさい。」








『っ……』









『桜…またね…。』









桜「うん…。気をつけてね…?」








『ありがと。』















































ガチャ……





『あれ…?なんで開いとるん、?』









『ただいま……』









「おかえり」











『へ、え?』












目の前に自担がいました。









ねくすと