無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話











道 枝 s i d e .








妹……。?が急に倒れた。








無理ない…よな?





親死んだ言われて、目の前に推し…?がおって。





目、覚したら、本当の事話そ。




















































『っ………ん、、、、』










駿佑「わかる?」











『、はい。』









駿佑「タメでええよ。兄妹?なんやし」









『わかった。』









駿佑「話、あるんやけどええ?。」










『ええよ。』






駿佑「あのな…。『血は!血は…繋がってるん?』……」









駿佑「繋がっとる」











駿佑「でも……あなたを今まで育ててくれた人とは、俺は…繋がっとらん。」









『え…?』










駿佑「養子…として引き取ってもらった。虐待から逃れるために。」










駿佑「俺もまだ物心ついとらんかったからわからんのやけど、昔な……」






















全部話した。昔、あなたは虐待にあっとって、その頃それをみかねた近所の人が引き取って、今まで育ててくれた。








その人たちが、亡くなったって話を聞いて、すぐに家に来た。








あなたを迎えに…。






ねくすと




つまらなくてすみません🙇


あと少しでコメディ要素入れます🙇‍♀