無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

な な
 道 枝 s i d e .




あなたが、部屋に戻って数時間後
 現 在 午 後 6 時









グゥゥゥゥゥ………





駿佑「腹…減ったなぁ…。」












コンコン






ガチャ














駿佑「晩御飯何がええ?」















『(*ᴗˬᴗ)・゚。zz』


















寝顔…かわえぇなぁ…


もう寝かせといたろか…。


なんて思ったり。


でもやっぱり空腹には勝てず。








駿佑「起きて、夜やでもう。晩御飯何がええ?」














『………フェッ!!!!!なんでみっちー……あ…』









どうやら寝ぼけてたみたいで。













『買い物行かな。』











駿佑「俺買ってくるで、何がええ?たいしたもん作れんけど(笑)」










『シチューでええよ(˶ᵔ ᴗᵔ˶) 』











妹さん。最後のにこっはなんですか?






俺のこと虜にさせるつもりですか?












ねくすと