無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

鈴谷ちゃん一攫千金の巻




えびさん … えびさん …


あ!!!河合くん!!えびさん!!




































































『 えびさーん!!! 』




橋本 「 うわ、ほんとに来た … 」




五関 「 噂通り 〜 … 」




『 え?そんな出回ってるんですか? 』




戸塚 「 色々聞いてるよ (笑)
    あなたちゃんが時期遅れの
    お年玉集めに来てるって 」




『 ええ、じゃあ早速ください!♡ 』




河合 「 はいどーぞ! 」




『 ありが … ん???
  100円だけですか … ? 』




河合 「 もう手持ちないの!!!
    少クラ来たときにして!! 」




『 え、私めったに来ないです( ) 』




河合 「 今度また渡すから!!! 」




塚田 「 あーあっ、約束しちゃった (笑) 」




『 あ!塚田くん!!
  SASUKEかっこよかったです!!! 』




塚田 「 また来年だな、(笑)
    見てくれる?照も出ると思うし 」




『 照くんでなくても見ます!!!! 』




塚田 「 それは照が … (笑) 」




『 もちろん照くんが出ても見ます!!
  絶対見ます!!!年末はSASUKE!!!! 』




橋本 「 あ、山下くん 」




『 え? … あ!!山下くーん!!!! 』




五関 「 おお、はやいな (笑) 」




『 山下くんっ山下くんっ、 』




山下 「 選択肢をあげます。
    これが西畑、これが櫻井、これが俺 」




『 山下くんで 』




山下 「 即答か、嬉しいけどどんまい
    俺の封筒には1000円しか入ってませーん! 」




『 えっ、そういう系ですか?! 』




山下 「 西畑が10000だったのにねえ 」




『 えええ?!
  でも、ありがとうございます!!!!
  ありがたく使います! 』




山下 「 あ、嵐だ 」




『 え!あ、嵐さーん!!
  お久しぶりですっ!!!! 』




山下 「 おおっ、… 」




大野 「 元気だねえ、(笑) 」




櫻井 「 お年玉でしょ?はいどーぞ、 」




松本 「 8人で!だよ? 」




二宮 「 またご飯行こな、東京来た時は
    LINEな。西畑とおる時以外で( ) 」




相葉 「 じゃあ俺ら行かなきゃだから! 」




『 ありがとうございますっ!!!
  大切に使います!!!! 』




櫻井 「 じゃあ〜! 」




  「 あれ?あなたちゃーん!! 」




『 … ん? 』