無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

☪︎ *.に


















???「おかえりっ!!あなた!!遅かったね?」














???「おかえり!なんか変な人に絡まれなかったか?」










テンション高めな方が双子のお兄ちゃん
   テヒョナ










落ち着いた雰囲気の方が大学生のお兄ちゃん
   ナムジュンオッパ





🥀『…オッパァ、怖かったよぉ…変な人に連れて行かれそうになったの…』












🐯🐨「えっ!」











🥀『でもねっ、助けてくれたの!!ホソクさんが!』





イケメンだったなぁ~////
お礼のときに会うの楽しみっ!!
でゅふふっ( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝ ) ♡










🐨「えっ?ホソク?それってさチョン・ホソク?」













🥀『え?うん…そうだけど…なんで知ってるの??』












🐨「俺の大学の友達なんだよ、ホソガは」











🥀『えっ!なんで紹介してくれなかったの?!』←













🐨「あ…、ごめんㅋㅋ」














🐯「ねぇ、僕空気?( ˙-˙ )」












🥀『あ…居たんだ( ˙-˙ )』←











🐯「ひどいよぉ…あなた~」









🥀『ごめんごめんㅋㅋ』











🐯「でも良かったぁ~あなたが居なくなったら僕生きていけない♡」










🐨「ホントそうだよ…あなたもう俺たちから一生離れないで♡」










🥀『え…うん( ˙-˙ )』









忘れてた…私のオッパ達はシスコンなんだった…( ˙-˙ )










※年齢設定がおかしいとか言わないで(˘•̥ω•̥˘)
伸びなくて悲しい……誰か宣伝して欲しいな……←