無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

395
2021/09/21

第19話

風邪ひいてみた
佐野 万次郎
「あなたが風邪引いたって本当…!?ご、ごめん、大きな音立てない方がいいよな…。俺何すりゃいい、あなたが治る為なら何でもする…」



龍宮寺 堅
「風邪引いたっつっーから、食えそうなもん買ってきた。食わしてやるから食えるもん選べ。そんで早く治せよ、あなたがいねぇとつまんねぇんだわ。」



花垣 武道
「体調どう、?ごめんごめん、ダメに決まってるよな…。俺何か出来ることある…?おかゆとか、冷えピタとか、用意してくるっ!」



千堂 敦
「うわ、顔真っ赤じゃねぇか…。ちょっと、失礼するぞ…。やっぱ熱あるな…ん?俺の手気持ちいい?そっか、ならずっとこうしててやる。だから早く治せよ!」



三ツ谷 隆
「風邪引いたって言うから、家からおかゆとスポドリと冷えピタとか一式持ってきた。お前が治るまで俺がしっかり看病してやるから、さっさと治してまた遊ぼーぜ。」



場地 圭介
「風邪、大丈夫かよ…。あんま風邪とか引かねぇからどうすりゃいいか分かんねぇんだけど…。なんか食わねぇとって思ったから、ペヤング買ってきた…食うか…?」



松野 千冬
「風邪引いたって、看病しに来たんだけど、何すりゃいいか…辛そうなお前見てると俺も辛くなってくる…。変わってあげてぇんだけどなぁ…」



羽宮 一虎
「風邪?そんなんキスすりゃ治るんじゃねぇの?そしたら俺が明日寝込むから、その時はあなたが看病してくれんだろ?」