無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

417
2021/10/03

第23話

誘惑してみた※微🔞
佐野 万次郎
「あなたからの誘いなんて応える他なくない?じゃ、いただきマース。」


➤誘われた瞬間の笑みが1番ニヒルだと思う。目を細めて口の端を少しだけ上げる、最高です。そのまま猫みたいにしなやかに押し倒されて食べられます。余裕な感じだけど内心はMAX興奮。途中で抑えきれずがっついちゃう。




龍宮寺 堅
「顔赤くして言っても説得力ねぇぞ。ま、据え膳食わぬは男の恥だからな、誘われたからには美味しく頂いてやるよ。」



➤大人の色気漂う男子中学生。育った所がソレだから少しの誘惑じゃ動じない。でもあなたがやるのは別格。顔赤く(←これ大事)してやる事で既にキャパオーバー。好きな子は違う。でもそれを顔に出さないから最後まで余裕な感じ。




花垣 武道
「えぁっ、ちょ、なん、え、まままま待って…////」


➤純粋of純粋boy。付き合ってきて下心が無かったわけじゃないし、そういう妄想もしなかったわけじゃない。でも実際にあなたから来るとひよって何も出来ない。そのままの流れで始まっちゃうんだけど、中盤から漢見せて欲しい。




千堂 敦
「おーおーおー…あなたから来るとか、最っ高…///」


➤誘われると👆を独り言のように言う。あなたには聞こえてない。The興奮みたいな赤い顔。セットした髪の毛グシャグシャにして少し雑に押し倒して食べちゃう。完全Sで余裕は微塵も無くなっちゃうから全て終わったあとに倍顔赤くして謝ってくる。




三ツ谷 隆
「へぇ〜…あなたから来るなんてなぁ、あなたから来たんだからな?少しガッツいても文句言うなよ。」



➤絶対に「へぇ〜…(CV.松岡禎丞)」はある。いや、あれ。歩くイケボだから多分この一言でそういう雰囲気は作れる。あえて余裕無さそうにS丸出しで言うことによってあなたを興奮させる天才。実際は思ってる倍以上に興奮してる。何気にむっつり。




場地 圭介
「食っていいっつったのはお前だからな?」


➤秒で食う。誘ってるってのを野生の勘で感じ取ってあなたが誘ってる時には既に戦闘態勢。誘うセリフを言ってる時にはどうしてやろうか考えてる。だから何言ってるかなんて知らねぇ。キスより前に自慢の八重歯で鎖骨に跡つけてから頂く。この獲物は俺のだっていう印。




松野 千冬
「…後悔、すんなよ。」


➤日頃は敬語なのにこんな時だけタメ語だからこっちがゾクゾクッてなる。かっこいいより可愛いを言われてるからこんな時に挽回したろって思ってる。主導権がずっと千冬。絶対王政みたいな感じだけどしっかり愛を伝えてくれるから惚れざるを得ない。




羽宮 一虎
「言葉より、行動で教えてよ。ね、俺に何して欲しいの?」


➤誘おうとする前に流れを感じ取って口を塞いでくる。今日一日のあなたを見てるだけで「あ、今日来るな」ってのが分かっちゃう。外が暗くなる頃には準備万端にして何するかも決まってる。気付いたら始まって気付いたら終わってるくらい快楽に溺れる。