無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

781
2021/08/16

第6話

嫉妬してみた
佐野 万次郎
「嫉妬…?あなたが…?めっちゃ可愛いんだけど…ねぇ、ハグしていい?そのまま離さないけど」



龍宮寺 堅
「嫉妬?店の女に?…不安にさせて悪かったな、俺はあなたしか見てねぇよ。あなたが1番だ。」



花垣 武道
「嫉妬してるの!?あなたちゃん、俺の事大好きじゃん……って、イテテテテテ!叩かないでっ!ごめんってば!」



千堂 敦
「お前…妬いてんの…?あぁ、もう、お前可愛すぎだっつーの…///俺にはお前しかいねぇから、大好きだぜ、あなた。」



三ツ谷 隆
「ルナマナに妬いてんの?…俺と同じだな。俺もあなたが家来た時ルナマナに取られて妬いてる。だから、家来た時は俺にも構えよ?」



場地 圭介
「あぁ?妬いてんのかよ。…どうすりゃいいか分かんねぇけど、もっと俺がお前を好きってのが伝わりゃいいんだろ?キスすりゃいいのか?」



松野 千冬
「嫉妬?嫉妬って…俺もしてっから!家来る度に俺より先にペケJのとこ行くのやめろ!お前は俺の彼女だろ!!!」



羽宮 一虎
「嫉妬ねぇ…。俺もしてるよ?あなたの周りにいる奴全員に。嫉妬で溺れそうなぐらいに……なーんてね、ありがとう嫉妬してくれて。」