無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

chapter:2
医師
友萌ちゃん、診察室行こうね
友萌
(。_。`)コク
ここは病院。
私は、100分の1の症状を持っています。
私は、






































言葉が言えません。
だから、、喋れないの
あーあ
ほんと、つまんない人生
喋れないなんてほんとつまんない
たまに病室の空いた窓から聞こえるの
近くの公園で楽しそうに遊んでる
私と同じぐらいの背の子達の声が
それに私はできないって考えると
泣きそうになる。
涙目になる
もう泣きたい。
もう。一人になりたい。
たまには
一人になりたいよ。
あんなに心配してくれていたママのことも
もうなんなのって思うようになってきた。
はぁー。疲れちゃったよ。
友萌
(私これからどうすんのよ。)
















































そんな友萌に発展させることが起きる