無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

苛立つ部内恋愛反対派【本山】
やっぱ、休日の1日練はだりぃ。


“小屋”に置いてある椅子に座って、
1つ大きな欠伸をした。
屋外フリスビー場では、
射場と渡り廊下で繋がった“小屋”がある。


ある程度投げた人はこっちにきて、
落ちてるフリスビーを拾う。

人数がそれなりに集まらないと大変だから、
それまで待機する為にこの“小屋”はある。
正式名称は別にあるらしいけど、
覚えるのも面倒なので
俺らは単に“小屋”と呼んでいる。








山﨑先輩
山﨑先輩
もももぼぼぼ本山ぼとやば
不明瞭で濁音の多い声が聞こえて、
俺は思わず舌打ちした。
山崎。

















端的に言って、俺はこいつが嫌いだ。

小中高と学校が同じで、
中学高校は部活まで同じ。

そのせいで妙に懐かれて、
何かしようとする度にくっついてくる。



それだけなら まだいい。

俺がほんとに虫唾が走るのは…………

山﨑先輩
山﨑先輩
なぁ、聞いてくれよ本山ぼとやば
やっぱり星奈ぼしなっておでに惚れてるよなぁ






こいつの妄想癖だ。






本山先輩
本山先輩
んな訳ねぇっつってんじゃん
何でそう思うんだよ
山﨑先輩
山﨑先輩
だって〜
なんか良く目が合う気がするしぃ
本山先輩
本山先輩
話し方JKかよ
てかそれ絶対ぜってぇ気のせいだろ
山﨑先輩
山﨑先輩
それにな本山ぼとやば
おでが話しかけると
笑顔でこっち向いてくれるんだよぉ
本山先輩
本山先輩
川野はもともと誰に対しても
そういう奴だろ
山﨑先輩
山﨑先輩
でも、
すぐ何処か行こうとするんだよなぁ
本山先輩
本山先輩
避けられてんだよ……
山﨑先輩
山﨑先輩
いや星奈ぼしなはきっとつんでれなんだよぉ
恥ずかしがり屋なんだ
やっぱおでに惚れてるんだ可愛いなぁ




いつもは何となくで何とか聞き流してるけど、
何故かその時は、猛烈に苛立った。




本山先輩
本山先輩
だから、
それは全部お前の妄想だろ!!





声を荒らげる。




本山先輩
本山先輩
わざわざ俺に聞かせて
巻き込むんじゃねぇよめんどくせぇ!!
山﨑先輩
山﨑先輩
な、なんだよぉ、
いつもは聞いてくれる癖にぃ……
山﨑先輩
山﨑先輩
…………まさか、






山崎の暗い澱んだ色をした目が妖しく光った。




山﨑先輩
山﨑先輩
お前おばえ、まさか、
星奈ぼしなのこと好きなんだろ
本山先輩
本山先輩
あ?
山﨑先輩
山﨑先輩
絶対ぜってぇそうだ!!
だからライバルのおでに対して
そんな風に冷たいんだろ!?
諦めさせようとしてるんだろ!?




さすがにこの物言いには、呆れた。



本山先輩
本山先輩
何言ってんだよ
だいたい俺は部内恋愛反対派だし……
山﨑先輩
山﨑先輩
口ではどうとでも言えるよなぁ!!
何だよ、
お前おばえに相談したおでが馬鹿だった!!


そう言って、走って、“小屋”から出ていく。


……ったく、バカバカしい。













好きだ? 惚れてるだ?

どうせそんなの一時の気の迷いだろ。
頼むから巻き込んでくれるな。



てかあいつ、
フリスビー拾いしないで帰りやがって……

どんだけ自分勝手なんだよ。

そんなんだから嫌われんだよ。
“小屋”は射場と反対側の1面だけ木の壁で、
後はガラス張りだ。


だから、渡り廊下の様子が見える。













射場から、川野と橋川と高橋がちょうど出てきて、
山崎と鉢合う。
山崎があの不気味な笑顔を作って、
川野に話しかける。


川野も笑顔だけど、少し筋肉が引きつっている。

















山崎が一歩 川野に近づいた。





その瞬間、川野の表情が変わった。




何故か立ち上がってしまった。













明らかに、川野は怖がっていた。










やめてやれよ、離れろよ、怖がってんだろ……!!


と、橋川が川野を守るように前に出て、
山崎の目線をそちらに逸らす。


少し話してから3人は、こちらの方へ歩き出した。














そこまで見届けて、座る。




……何で今、立ち上がったんだ……?






弥生
弥生
……あ、本山先輩だ
小屋を覗き込んで、橋川が言うので、
ひらひらと手を振る。



川野は、まだ青い顔をしていた。




碧
先輩、フリスビー拾いなら
私たちがやるので、
射場に帰っても大丈夫ですよ
本山先輩
本山先輩
あ〜……
じゃあ、お言葉に甘えるわ
さっきの今で、川野の近くに
平常心でいれるような気がしなかった。

何故かはわからないけど。
立ち上がり、“小屋”を出ようとする。













……気が変わって、川野の前に立つ。



……やっぱり、怯えた顔をした。
本山先輩
本山先輩
川野、
星奈
星奈
……何ですか?
本山先輩
本山先輩
あ〜、その、





何か言いたいんだけど、
ちゃんとした言葉が出てこない。




本山先輩
本山先輩
…………お疲れ様。
星奈
星奈
……?
ありがとうございます




部内恋愛は反対だ。

出来るなら巻き込まれたくない。
渦中の奴からは距離を置きたい。







……でも、労いの言葉くらい、かけてもいいよな。





それだけ残して、俺は射場に帰ることにした。