無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

交換しましょ!そうしましょ!!
月曜日、部活が終わる前のこと。
星奈
星奈
やーよーいっ!
星奈に後ろから肩を攻撃された。
星奈
星奈
分かってるよね?
今まで見たことないような特上の笑顔。
怖いです星奈さん((
弥生
弥生
そのセリフカツアゲするみたい…
げっそりとした声で返す。













ほしな
月曜の
ほしな
部活
ほしな
終わった
ほしな
あと!
ほしな
絶対に
ほしな
先輩と
ほしな
交換
ほしな
するよ!

















「流れは私とみどりんでつくるから」と
言ってた星奈。

正直あの2人に任せたらどう転ぶかわからんで
めっちゃ不安なんですけど!
先輩
先輩
しゅーごうー
部員全員
はい!
先輩
先輩
これで今日の部活は終わりです
先輩
先輩
帰ったらしっかり休んでください
部員全員
はい!
先輩
先輩
気をつけ 礼!
部員全員
ありがとうございました!
体育館からでる。
碧
喉かわいたしジュース買わん?
星奈
星奈
そうやな!
にやにやしている2人。
視線の先には自販機と


ジュース買ってる2年の男子の先輩達。
碧
お疲れ様です〜
光流先輩
光流先輩
おつかれー
山﨑先輩
山﨑先輩
お お おおつかれ
うわ、山崎先輩……
ちょっとこの先輩苦手なんだよな…
星奈
星奈
光流先輩ジュース奢って下さい!
本山先輩
本山先輩
光流奢ってくれー
弥生
弥生
あ、先輩私も!
平田先輩
平田先輩
俺も
光流先輩
光流先輩
なんでみんなして俺に奢らせようと…
星奈
星奈
たかりやすいからっすね
頭を抱える光流先輩。
山﨑先輩
山﨑先輩
おおおおれが奢ろうか?
星奈
星奈
結構です!
笑顔だけど距離を必死でとろうとしてる星奈。

星奈もこの人苦手なんだな……笑
結局ジュースは自分達のお金でちゃんと買って。
星奈
星奈
あ、本山先輩
本山先輩
本山先輩
ん?
スマホを取り出しながら
星奈
星奈
LINE貰ってもいいですか?
危うく飲んでたオレンジジュースを吹き出しかけた。
いや本山先輩ダシに使う気満々だろお前!
本山先輩
本山先輩
おけ
QRコードで交換してる2人。
なんか背中に視線を感じる……
振り返ると、めちゃくちゃみどりんが
こっち見てた。
……うん、言いたいこと大体わかるよ
はよ交換せいでしょ?←
……交換しなきゃなんか殺されそう。


……それに。



やっぱゲットしときたいよねLINEアカ←
私も交換したいとは思ってるんだよ。




でもね?






手前に山崎先輩がいるんだ←

なんか平田先輩の近くって
絶対他の先輩いるんだよな←
明らかに困った顔を私がしてて不審に思ったのか
星奈が寄ってきた。


………察したようにうなづいた。


でも星奈に頼りっきりなのも…良くないよね

って思った矢先、星奈は笑った。
星奈
星奈
……仕方ないなぁ笑
星奈
星奈
やーまさーき先輩!
星奈
星奈
LINE交換しましょ!
山﨑先輩
山﨑先輩
お、おう
………ごめんね、星奈。
……頑張んなきゃ
弥生
弥生
平田先輩!
声震えてないかな
図々しいなんて思われないかな
ちょっとくらいはかわいいって思われたいな
いろんな想いを内包して、声をかける。
弥生
弥生
…LINE交換しませんか?
平田先輩
平田先輩
おう
QRコードを読み取らせて貰った。
やよい
よろしくお願いします!
智希
よろしく〜( ̄^ ̄ゞビシッ

















帰った後に顔文字を先輩が使ってる可愛さに
悶絶してたことは言うまでもない。