無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

勇気が欲しい
平田先輩
平田先輩
こんちは〜
1年全員
1年全員
こんちは!
星奈
星奈
いい??今日こそ絶対指導してもらうよ!
弥生
弥生
無理だよそんなの〜〜〜泣
先輩
先輩
じゃあ練習始めるか
部員全員
よろしくお願いしマース!
先輩
先輩
じゃあ1年はまずいつも通り向こうで筋トレから!
1年全員
1年全員
はい!
先輩
先輩
その後投射姿勢の確認な!
先輩にちゃんと見てもらってな
〜筋トレ省略〜
星奈
星奈
はぁーー、筋トレマジでキツいっ!!
弥生
弥生
やっと投射姿勢の練習だよ〜
星奈
星奈
まだ投げれないの切なみん(´๑•_•๑)
晴樹
晴樹
平田先輩!指導お願いします!
平田先輩
平田先輩
わかった
弥生
弥生
(ぬおぉぉぉ晴樹めぇぇ!!!!)
憧れの平田先輩が近くにいるせいで
練習に集中出来ない。
星奈
星奈
ほら、晴樹が終わったら先輩にお願いしなきゃだよ弥生!!!
弥生
弥生
む、無理に決まってんじゃん!!!
平田先輩
平田先輩
腰もっと落として。
手の位置このくらいなー
平田先輩はいつだってやる気無さげ。

…そこがまたいいなんて思っちゃって
弥生
弥生
(ていうか、晴樹いいなぁ…)
手の位置を修正するために、先輩は晴樹の手を持って指導してる。
…先輩の手はあったかいのかな…
弥生
弥生
(って駄目駄目駄目!何考えてんの!?)
頭をぶんぶん振って、目の前のフリスビーに
集中しようとするけど、上手くいかない。
弥生
弥生
(うん、晴樹の指導が、終わったら…)
弥生
弥生
(お願いして、みようかな…?)
先輩
先輩
大会メンバー集合!
平田先輩
平田先輩
はい
弥生
弥生
(えぇぇぇぇえ!!?)
がっくりと肩を落としたら、星奈が寄ってきた。
星奈
星奈
ど、どんまいだね〜ww
星奈
星奈
まぁ次の機会があるさ!元気出せって!
弥生
弥生
うぅ…
今日が良かったんだもん。
せっかく、頑張ろうって思えたのに…
遅かったのかな…
弥生
弥生
とりあえず!晴樹ぃぃぃ!!
晴樹
晴樹
な、なに!?
弥生
弥生
ジュース奢れこの野郎!!!
晴樹
晴樹
はぁ!?なんでだよ!!?
弥生
弥生
なんでもかんでもねぇんじゃあ!!
晴樹
晴樹
は、はいぃぃぃ
…うん、明日は、明日こそ。
…もしも神様がいるのなら、
勇気が、欲しいです。
私に、先輩に指導をお願いする勇気を。