無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

フリスビー部の小さな先輩
弥生
弥生
(上手いって…どれくらいなんだろ)
弥生
弥生
(他のスポーツだったら上手けりゃかっこいいけど…)
弥生
弥生
(フリスビーじゃあ、ね…ww)
平田先輩はイマイチ表情の読めない顔で円を見ている。
その顔で構えているのは…
…フリスビー。
細めの目がさらに細くなった、と次の瞬間
ヒュン
フリスビーが空を切った
床にカァンと当たる
速くてよく見えなかったけど、
たぶん、ド真ん中。
星奈
星奈
はっや…
星奈が目を丸くする
もう一枚のフリスビーを構える
その目は真剣そのものだった
ヒュン
カァン
またド真ん中
弥生
弥生
弥生
弥生
かっこいい…
星奈
星奈
え?
2枚投げたら終わりらしい
平田先輩は投射位置から外れて…
小さくガッツポーズした。
弥生
弥生
…か、
星奈
星奈
か?
弥生
弥生
かわいい…!
星奈
星奈
へぁっ!?
星奈
星奈
かわいい!?
弥生
弥生
今の見た?見た??
弥生
弥生
ガッツポーズしたよ!
弥生
弥生
めっちゃかわいい…!
弥生
弥生
しかもめっちゃド真ん中当たるし!
弥生
弥生
かっこいい!
弥生
弥生
ねぇ星奈
弥生
弥生
フリスビー部入ろ!!
星奈
星奈
はぁ!?
弥生
弥生
私、先輩と一緒にフリスビーやりたい!
星奈
星奈
はぁもうしょうがないなぁ…
てな訳で、
2人はフリスビー部に入ることになったのでした。