第19話

🐈‍⬛
1,042
2023/10/26 09:23
あなたside




司
司
とりあえず、今逃げるぞ
あなた

え、

零二
零二
今しかないぞ、見張りならさっきボコボコにしてやったから。
楓士雄
楓士雄
逃げるチャンスを作ってくれてる人達がいんだよ、だから急ぐぞ!あなた
あなた

え、ちょっ

雪
雪
はやく!!置いてくよ!!





私たちはは無我夢中で学校の外に出た

あなたの母親
あなた!!こんなにボロボロの顔して、ごめんなさいね、こんなに私たちが親で…
あなたの父親
あなた無事か、
あなた

パパ、ママ……

佑仁
佑仁
あなた
あなた

お兄ちゃん……怖かった

佑仁
佑仁
助けに行けくてごめんな、
あなた

うんうん、大丈夫。

あなたの母親
あなた、当分の間、実家から高校に通ったら?今回みたいなことがあったら大変だから
あなた

え、でも

あなたの父親
あなた、言いたいことはわかるでも、今の判断で行かせる訳には行かない
あなたの母親
零二くん、司くんに、楓士雄くん達には、家に来てもらえばいいじゃあない?それの方が私達も安心する、それならいいかしら?
司
司
俺たちはそれで大丈夫です。俺たちから遊びに行けば問題ないだろうし、それにあなたは受験が迫ってるし、俺たちはそれが終わってから遊びに行く
楓士雄
楓士雄
それの方が安心だし、いいだろ。あなた俺たちはそろそろ帰るな
あなた

え、うん

司
司
明日から、家に行くよ。じゃあな
司
司
あと、零二、あなたを頼んだ
零二
零二
……
佑仁
佑仁
!?陸、お前何してんだよ
陸
陸
あーあバレたか
佑仁
佑仁
てめぇ、なんのつもりであなたに近ずいた
陸
陸
そんなの、守る為に言っただけだ、なんも知らねぇやつに言われなくもない
あなた

お兄ちゃん、それ以上喧嘩売らないで、陸くんは守ってくれたの、それに助けにだって来てくれての。

佑仁
佑仁
そんなもんはわかってる、
佑仁
佑仁
今度、蹴りを付けよか
陸
陸
わかった、じゃあ家に行く
佑仁
佑仁
待ってる、綺羅も読んでおくから
陸
陸
ん
陸
陸
あなたじゃあね。
あなた

あ、まってこれ

私は、お兄ちゃん達の前で渡した




"拳銃"を……




これを渡しておけばもう大丈夫だよね?安心して
陸
陸
ありがとう、またね、あなた
あなた

うん!ばいばい!

あなたの母親
私達もそろそろ帰りましょうか



司たちと別れて、零二と帰ることになった




あなた

零二、あのさ

零二
零二
ん
あなた

告白の返事返してもいい?

零二
零二
いいけど
あなた

付き合ってもいいよ

零二
零二
……わかった、よろしくな
あなた

うん!私から絶対に離れたり、消えたりしないでね

零二
零二
そんなのわかってるよ、守るに決まってんだろ
あなた

ありがとう

零二の前でちゃんと彼女でいられるか心配









零二となら上手くやって行けるって信じたい
















きっと守ってくれるよね、大好きって言ってくれるよね?




大好きって思う人がいれば幸せだよね?
















あなたが殺されるまであと5日






プリ小説オーディオドラマ