無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

Time goes by
桐山:忘れられないまま大人になっていた
高いビルを目でなぞり周り続ける街で
小瀧:情けないほどに思い出すこと(濵田ハモリ)
嘘と書いて石を投げた
僕の顔だった(濵田ハモリ)
中藤:何もなかったようなそぶりごまかし続けていた言葉も
重神:ブレーキをかけたままじゃ一歩も前には進めない(濵田ハモリ)
全員:限られた時間(とき)でどれだけの人に出会えるのかな
濵田:後悔してばかりのあの日を消して
全員:目の前にある大切なものに気づく時は来るさ
重岡:無限大の明日があるから
藤井:答えられなかった自信がなかったから(神山ハモリ)
中間:今でも知らんふりして通る傷つけた場所を
重濵:どうでもいい事と割り切って電話越しに聞こえた泣き声を
桐小:今でも思うたび抱きしめたくなるごめんねと(濵田ハモリ)
全員:間違いじゃなかったとあの日確かに強がっていた
神山:今になって気づくことばかり僕は
全員:そばにいる優しさに照れ笑い素直になりたいから
桐山:差し伸べた
全員:手を握らせてよ
重岡:出会い別れを繰り返しいつだって
全員:オレンジ色の箱の中で揺れる僕らの影(ハモリ)
限られた時間(とき)でどれだけの人に出会えるのかな
桐山:後悔してばかりのあの日を消して
全員:目の前にある大切なものに気づく時は来るさ無限大の明日があるから
何度でも明日は来るから