無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

何万回だって「君が好き」
重岡;夕日に染まる君をいつまでも抱きしめてた
藤井;恋とかの気持ちじゃなくて怖かった僕が弱虫で
中間;ダメになりそうな現実から逃げたいそんな夜だって(神山ハモリ)
桐山;何も言わずただそばにいてくれたそれだけでよかったんだ
全員;何百回だって伝えるよ何万回だって「君が好き」
小瀧;現在(いま)も昨日も君とだから痛くたって顔上げた(濵田ハモリ)
全員;何百回だって泣けばいい何万回だってまた笑える
夢も明日も君とだったら信じていけるかなって思えるんだ
神山;君に触れるだけでこの胸が感じてるんだよ
中間;いつだって強がりだから少しずつ僕に甘えなよ
濵田;全部を見せて欲しいその心に隠した小さな傷だって(藤井ハモリ)
小瀧;信じてよそう言って見つめたそれだけで君が笑った
全員;何百回だって伝えるよ何万回だって「君が好き」
重岡;苦しい過去も抱きしめるよ大丈夫越えてゆける(桐山ハモリ)
全員;何百回だってつまずいても何万回だってやり直せる
切ない時間が教えてくれたいつでもこの心に君がいるんだって
重岡;素直になれないまま(藤井ハモリ)
中間;言葉に出来ないまま(神山ハモリ)
桐山;それでも信じ合うことが出来たんだ(濵田ハモリ)
全員;この先何があったとしても
小瀧;この手だけは離さない
全員;今日の未来へ続いてゆく限り
神山;何百回だって伝えるよ何万回だって「君が好き」
濵田;そばに、そばに君がいれば毎日が輝いてく
全員;何百回だって伝えるよ(桐山フェイク「Ah〜nonono〜」)
何万回だって「君が好き」(桐山フェイク「君が好き」)
現在(いま)も昨日も君とだから痛くたって顔上げた(桐山フェイク
「nononononono」)
何百回だって泣けばいい(桐山フェイク「Ah〜Ah〜」)
何万回だってまた笑える(桐山フェイク「nononono」)
夢も希望も君とだったら信じていけるんだって思えるんだ
そう思えたんだ