無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

赤いマフラー
小瀧:※uh…
小瀧:冷えた手ポケットに突っ込んだままあの日の君の温もり探した
中間:ため息白くぼやけて曖昧になる
このまま忘れられたらどれだけ(小瀧ハモリ)
いいかな…
桐山:冬が来るたび何もかも嘘だったかのように舞い落ちる雪のように溶けて
濵田:思い出の君まで奪うよそれなのに
重岡:どこにいても何をしていてもまだ君が隣にいるようで
藤井:今年もきっと変えられない赤いマフラー
※you dou't have to tel me your my everysing
神山:※uh…your my everysing
藤井:それなりに強がっても格好はつかずに(桐山ハモリ)
誰もいない交差点信号を待つ
重岡:二人出逢わなければこんな苦しい思い(濵田ハモリ)
感じなくて済んだのにそれでも好きだった(濵田ハモリ)
濵田:冬の終わりに何もかも嘘だったかのように(神山ハモリ)
舞い落ちる雪のように溶けて(神山ハモリ)
小瀧:思い出も消えていったら…本当は(神山ハモリ)
桐山:もし時間を戻せるのならまだ君の隣でずっと(藤井ハモリ)
中間:巻いていたいよ一緒に選んだ赤いマフラー(藤井ハモリ)
桐山:最後の言葉はまだ言えないけど(濵田ハモリ)
神山:同じ空の下で君の幸せ願っているよ(濵田ハモリ)
重岡:何もかも嘘だったかのように(神山上ハモリ藤井ハモリ)
ほら雪のように溶けていくけど(神山上ハモリ藤井ハモリ)
中間:思い出は決して(小瀧ハモリ)
神山:思い出は決して
中間:消えないよ(小瀧ハモリ)
いつかまた(神山上ハモリ小瀧ハモリ)
濵田:二人笑い合えるその日まで(神山上ハモリ桐山ハモリ)
きっと相変わらず大切に(桐山ハモリ)
神山:大切に
小瀧:巻いているよ(神山上ハモリ桐山ハモリ)
一緒に選んだ赤いマフラー(神山上ハモリ桐山ハモリ)
※you dou't have to tel me you'r my everysing
※uh…