無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

Colorful Magic
藤井:降り出した雪が街の音色を消した時刻(ころ)
神山:静けさのなかで僕らは想い出を見上げた
小瀧:振り返ればいつだって
濵田:必ず寄り添いあって
小濵:たどり着いた「今」がある
中間:積み重ねていく小さな時間を忘れないように
重岡:これからも僕ら急がずにゆこうずっとふたりらしく
全員:僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの
桐山:この地球(ほし)はそんな奇蹟で溢れている
全員:真っ白に染まる街並色とりどりの想いがあれば
世界は輝いていく君と夢を願うHoly Night
濵田:かじかむ指先そっとつつみ込む掌
重岡:結んだその手を君はポケットに隠した
藤井:簡単なことなんて
中間:僕らの前にはなくて
藤中:思えば戸惑うことばかり
小瀧:手に入れた地図がまたふっと一瞬で色あせてしまう
桐山:信じられるのは右手に伝う確かな温もり
全員:僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの
神山:そう誰もがたった一人の主人公さ
全員:本当は分かっているのになぁつまづくたび忘れてしまう僕を
となりで支えてくれた君は夢に架かるヒカリ
桐山:窓辺に咲いた横顔
神山:笑いあった秘密のフォト
濵田:すべて僕らのチカラに変わる
中間:魔法の欠片
藤井:君と巡り会えたことも
重岡:僕らをつないだ願いも
小瀧:この地球(ほし)にたった1つだけの物語
(Merry Christmas!!!)
全員:僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの
この地球(ほし)はそんな奇蹟で溢れている
真っ白に染まる町並色とりどりの想いがあればこそ
世界は輝いていく君と夢を願うHoly Night
重岡:思いのままに
全員:君と夢を願うHoly Night