無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

アンジョーヤリーナ
重岡:号泣するくらいの感動を一生一度の冒険を
神山:味わいたいんだそれは贅沢じゃない
重神:愛せ
全員:君の人生アンジョーヤリーナ
藤井:普通自体がむずかしい時代にもがき続ける僕らいったいなんなんだ(濵田ハモリ)
小瀧:余裕で笑える人は別世界でパリピだリア充だやかましいわ(藤井ハモリ)
黙ってくれないか(藤井ハモリ)
桐山:加工されてる真実
全員:真実
桐山:過去になってく現実
全員:現実
中間:だからこそ僕達は歌いたいんだ嘘じゃない本当の気持ち
桐中:聞い
全員:てくれますか?
日常はそんなにド派手じゃない
ルーティンワークは間違いなわけじゃない
濵田:君の毎日に君の日常に影がさしたら(藤井ハモリ)呼んでおくれよ
全員:号泣するくらいの感動を一生一度の冒険を味わいたいんだそれは贅沢じゃない
重岡:愛せ君の人生
全員:アンジョーヤリーナ
中間:後ろ向きが得意なわけじゃないただ前に何も見えないだけなんだ(神山ハモリ)
桐山:だけどそんな僕にも意地がある誰にも負けない何かをずっと探してるんだ(神山ハモリ)
Ah…(神山ハモリ)
重神:あれ
全員:でもないこれでもない
重神:見つ
全員:からないのはどうやら自分のせいだった
濵田:振り向かず進め
小瀧:日常はそんなにド派手じゃないルーティンワークは間違いなわけじゃない
君の毎日に君の日常に(藤井ハモリ)
影がさしたら呼んでおくれよ
全員:号泣するくらいの感動を一生一度の冒険を味わいたいんだそれは贅沢じゃない
重岡:愛せ君の人生
全員:アンジョーヤリーナアンジョーヤリーナ