無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

ボクら
桐山:何もかも飛び越えてすぐに会いにいくよ
濵田:ご機嫌ななめの横顔もほらねJust smiley now
重岡:いつもボクを見てたこと誰よりも知ってるよ
藤井:振り向けば必ずキミが笑ってたよね
小瀧:ボクがボクだという手がかりはキミのその笑顔だけなんだ
中間:たとえ景色がめぐりめぐって変わったとしても
神山:大事なことはずっと変わらないままさ
全員:あの日と同じ胸いっぱいのぬくもりを感じて
抱きしめようあふれそうな想いキミに伝えよう
あの日と同じ坂道をうれしさ抱いて
走り出したらあの日と同じ歌を口ずさもうよ(歌を)
桐山:いつもキミを見てたけど秘密にしていたんだ
中間:でもとっくにバレてたね背中が笑ってた
重岡:キミはキミのために生きるんだボクはキミの陽だまりになる
小瀧:いつかわかる日がくるさきっと幸せだったこと
神山:大事なことはずっと変わらないはずさ
全員:あの日と同じひとしきり涙があふれてる
弱いボクを隠したはずなのにキミも泣いてたね
あの日と同じ思いきり悔しさを感じて
泣き顔のままあの日と同じ夢を抱いて眠ろう
小瀧:不思議だね
神山:星の歴史と同じくらい
藤井:ボクら
中間:たぶん・・・
濵田:たとえ自分が泣いて転んで
桐山:悲しみの中で倒れても
全員:あの日と同じ誰よりも優しい瞳で
見つめながら笑うんだろそうさキミとこの場所で
あの日と同じさわやかなあの風が吹いたら
ステップを踏んであの日と同じ愛で包み込もうよ
重岡:キミはキミのために生きるんだボクはキミの陽だまりになる