無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

♡山田涼介#R18♡
最近仕事、仕事、仕事……で、あなたには
かまってあげられてないなあ
休みでも誰かと遊んじゃったりしてたからね。
今日は空いてたからあなたと過ごそうかな。
山田涼介
あなた〜?
あなた

んー…?

うぁっ。くそぅ。もう。可愛そうだったな。
山田涼介
ごめんな。仕事仕事で
かまってあげられてなくて。
あなた

うん…今日も仕事?

もう笑顔がないよ。
山田涼介
ちがうよ?
あなた

ふ〜ん…友達と遊ぶんでしょ?

あなた

9時までには帰ってきてね…行ってらっしゃい

山田涼介
きょうはあなたと過ごす。
あなた

嘘でしょ…

山田涼介
そんなことない(バックハグ
あなた

ふぇっ?!

山田涼介
今日はあなたと居るの。
あなた

うわぁぁん😭😭

ごめん。ごめん。ほんとごめん。
山田涼介
何がしたいの?
あなた

グスッえっとっグスッえっ…言えないッグスッ

山田涼介
言って?
あなた

え、えっち…///

山田涼介
わかったよ(´ー`)
そう言えばもう1年ぐらいヤってなかったなぁ。
あなた

あのね、ずっと、
りょーがえっちしてくれるの待ってた。
いっぱいやりたかったのに、
りょー遊びに行ったりするから、
悲しかった。(ウルウル)

今にでも泣きそうじゃん。
山田涼介
今いっぱいしてやるから
山田涼介
ちゅ
あなた

グチュムチュ…ネチョッ

山田涼介
ンアンッ///
胸をもんであげる
あなた

ンンァッ…アッヤッ…ンンンッ♡

胸はそこまで大きくないけど




柔らかくて
サラサラで
気持ちよかった
摘むと敏感に感じていた
あなた

ダメッ!イク!アァッ!…ンンン!

あなた

ふ、ふぇ、ふぇらしたい。

山田涼介
え?!
そう言うとジーパンのチャックをゆっくり下ろして
ぱんてぃーの真ん中の穴から雄を取った。
ゆっくり。

じっくり。

感じるとこを。
山田涼介
オオッ!アッ…ワァァァ!ンッ!
俺もイくの早くなっちゃったな。
精液飛び散ってる
あなた

ごくん。

山田涼介
飲んだの?
あなた

ゲホッゲホッゲホッ!

山田涼介
無理しないで?
あなた

1年ぶりのせーし。
飲み干したかったの。

山田涼介
うっ。、ごめんな。
入れるよ?
山田涼介
入れるよ?
あなた

うん

山田涼介
ズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュ
あなた

ンッンッンッンッンッンッンッンッアッヤッ♡…あん!イクイク!

ほんとごめん



















もっともっと



























愛すから許して

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

莉音
莉音
紫桜里のおねーちゃん。 どうでもいいことなんてないんだよ、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る