無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第5話

♡平野紫耀#R18♡
今、あなたに連れられ、
同窓会に来ている、
あなた

え〜すっごい変わったねぇ〜、で〜

俺には目も合わせてくれない
平野紫耀
あなた、あなた?
あなた

へーすっごぃー!
そんな特技持ってたの〜?

オール無視なのか
聞こえてないのか、
ある男があなたの隣へやってきた
「おぉ〜あなたさん!俺です!俺!」
あなた

ギクッ!お前かよ〜ケラケラ

誰だよ、
女子「あなたちゃんの元彼よね〜笑笑」
あなた

私のこと捨てたやん笑笑笑笑

「今では黒歴史笑笑」





なんなの、あなたのこと捨てた男とか、、、
平野紫耀
あなた〜かえろ、(  -᷄ὢ- ᷅)
あなた

今ではすっかりずるむけちゃって笑笑

平野紫耀
ねぇ、あなた!!
聞いてるの?!
あなた

えっえ、うん?なに??

やっと気づいたのか…
平野紫耀
かえろ〜よ、
あなた

え〜しょうがないなぁ〜

あなた

みんなまたね〜(´ー`)

「おーいあなた!チューは?」
平野紫耀
っ!!!
ふざけんな、あなた帰るぞ、
あなた

う、うん

あなたside
家に着いてから急にお姫様抱っこされた
あなた

ひぇっ?

ベット……………やられることはわかってる




犯されるんだよね、
平野紫耀
俺がいる場で元彼の話とか、

俺行った意味ないし

てゆかあそこで俺がとめなかったら

絶対キスしてたよな?!
あなた

ご、ごめんって

平野紫耀
もう許せない、俺は嫉妬しちゃったんだよ、
平野紫耀
俺だって…………男だからね、?クスッ
平野紫耀
チュッ
あなた

んっ…

二人をつなぐ透明な糸
ワンピースだったから直ぐに胸までたどり着いて、
平野紫耀
、こんなに丈の短いの、
男だったらどう思うかな、、、?
あなた

んっ…あぁっ…ご…めんな…さいっ///んんっ♡

平野紫耀
はい、じゃあこれでヤッて?
電マ
あなた

ひ、ひとりで、?

平野紫耀
当たり前、俺見てるから
自分の秘部に電マを当ててMAXの強さにする
あなた

ンンンっ…アァ…ンハンハァ、
ぃッイッちゃいますうっ

平野紫耀
逝けよ
あなた

ンンッァッ!!!ビクビク

平野紫耀
逝ったか、
あなた

あなたは、紫耀くんのが欲しいです

平野紫耀
あげないよ、?
あなた

えっ、なんで

平野紫耀
今日は抱いてねるから
平野紫耀
今やると身体が持たないよ?
あなた

う、ん、

@もかさんのリクエストでした



自分で、も、なんかいいエンドじゃなかった気がする
ので書き直しして欲しかったらしますねー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

莉音
莉音
紫桜里のおねーちゃん。 どうでもいいことなんてないんだよ、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る