無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

日常
あなたside

今日は月曜日。

いつもと変わらず会社に向かってる。

月曜日って何となく気が重くて、会社に着くまでが長く感じる。

今日も経費精算や月次の処理に追われそうだなー。


するとうしろから聞き慣れた声がした。


翔
あなたおはよう!
元気ないけど何かあった?
あなた
あなた
翔!おはよう😉
びっくりしたー!
月曜だからなんとなく気乗りしないだけだよ笑
翔
そっか、元気ないから具合が悪いのかと思って。
オレの勘違いだったな🤣
まあ、あなたはお腹空いてる時以外は元気だからな笑
あなた
あなた
ひどいー!
女子に対して失礼な😠
でもお昼に新しく出来たカフェに行こうとしてたから、食べ物のことは考えてたよ笑
ねぇ、翔、お昼一緒にカフェ行かない?
翔
あぁ、午前の打ち合わせがちょうど時間通りに終われば行けるよ!
お昼近くなったら行けるかLINEする👍
あなた
あなた
わかった!
時間通りに終わると良いね😊
担当してるAAAの西島さんと他のスタッフさんと打ち合わせ?
翔
うん、西島さんは仕事に対してとても熱心な方だから色々勉強になるよ!
マネージャーとして担当出来て良かったと思ってる。
じゃあまた、連絡する!
あなた
あなた
うん、わかった!
また後でねー😉
翔は大学からの友達で、お互い音楽が好きでノリも合うから1番仲良しな男友達。

今は同じ会社で働いてお互い切磋琢磨出来るし、私が素でいられる存在かな。

お昼が楽しみ♬