無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

不安
あなたside




私は翔を部屋に招き入れ、ソファに座ってもらった



そして、あの日...
隆の控え室で見た様子を少しずつ翔に話始めた


あなた
あなた
翔...私、ソロツアーのバレンタインデーの日、隆の控え室に行ったでしょ?


そしたら宇野ちゃんが来て、隆の控え室に入って行ったの


良くないとは思ったけど、気になって2人の会話を聞いちゃった


バレンタインデーだったから、宇野ちゃんがチョコ渡して、その後、隆に告白してた...
翔
...Nissyはどんな感じだった?
あなた
あなた
義理チョコだと思ったみたいで、そう言ったら宇野ちゃんがなんで恋愛対象に見てくれないの、って言って部屋を出て行っちゃった...



その後、隆が必死で宇野ちゃんを追いかけてて、私はもう見たくなかったからその場を離れたの



だからその後のことは分からないけど、必死な隆を見たら私の入る隙なんてない気がして...



私は宇野ちゃんに勝てる要素が何もないし、私が出会うよりずっと前から宇野ちゃんは隆の事を知ってるもん...




隆が宇野ちゃんを選ぶんじゃないかと思ったら、会う勇気が持てなかった...
翔
そっか...


だからずっとNissyや俺に返信や連絡をしなかったんだな


でも逃げてても答えはわからず、もやもやするだけじゃないのか?


Nissyが今誰を想ってて、心の中にいる1番大切な人が誰なのか、きちんと本人から聞いた方がいいと俺は思うけど...

あなた
あなた

でも、聞くのが怖いの...


宇野ちゃんを選んだらどうしよう...

翔

まず、宇野ちゃんからもらったチョコが義理だってはっきりNissyが言ったんだからその時点で宇野ちゃんは1番じゃない気がするけどな
あなた
あなた
でも照れ隠しで義理チョコって言ったかもしれないし...
翔
まぁ、いずれにしても本人と話すのが1番だと思うけどな


trrr...


その時、翔の携帯が鳴った




翔
おっと、仕事の電話だ!


ちょっと外で話して戻るから、ドアの鍵あけといてくれるか?


あなた
あなた
うん、わかった👋



翔はそう言って部屋の外に行ってしまった