無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

出会い
翔
-LINE-

お疲れ様!
こっちは予定通り打ち合わせが終わりそうだよ。
朝言ってたカフェだけど、会社の入口で待ち合わせでいい?
あなた
あなた
-LINE-

良かった!
予定通り話が進んだんだね😆

私は早めにお昼入れそうだから、先にカフェに行って奥にある個室空いてるか聞いてみるね👍
せっかくだからゆっくり食べたいし✨
席取れたらまた連絡するね♫
翔
-LINE-

奥に個室があるんだ。
落ち着いたランチタイムになりそうだな!
じゃ、また後で👋
翔が時間通りに終わりそうで良かった!

楽しみだなー☆

さて、私は先にカフェに行って席を取らなきゃ😉


店員
店員
いらっしゃいませ。
何名様でしょうか?
あなた
あなた
後から1人来る予定です。
奥の個室は空いていますか?
店員
店員
はい、ご案内致します。
個室空いてて良かった!

翔にLINEで個室が空いてたこと伝えて、先にメニュー見て待ってよう😊
あなた
あなた
-LINE-

奥の個室空いてたから待ってるね😉
翔
-LINE-

OK!
ガチャ!

しばらくするとドアが開き、メニューを見ていた顔を上げると翔が来た。

あなた
あなた
翔、お疲れ様!
すると帽子を被っていて顔がよく見えないけど、翔の後ろにもう1人いることに気づく。

誰だろう?
他のスタッフさん?

そう思っていると、その人はドアを閉め、被っていた帽子を取った。

Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
こんにちは!

急にすみません💦
お昼一緒にいいですか?
あなた
あなた
!!

西島さん!!

会社ですれ違った時に会釈くらいしかしたことなかったんで、ご一緒出来て嬉しいです😊

経理部の葉月あなたと申します。
翔とは大学の時からのくされ縁です笑

宜しくお願いします!
Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
翔から色々聞いてます笑

同じ会社だし、今後も会うと思うからあなたちゃんて呼んでいい?
それと、お互い緊張するから敬語じゃなくて良いよ👍

今後共宜しく!
あなた
あなた
じゃあ、遠慮なく笑
っていうか翔が何か言ったんですか?😓
色々聞いてるって....
翔
ありのままのあなたについて話しただけ!笑

美人でスタイル良くて、仕事もテキパキしてるって言ったんだよ😉
あなた
あなた
えーっ、絶対ウソ😓

まぁ、いいや!
お腹空いたから注文しましょ♫
こうして翔が西島さんをランチに誘ってくれたお陰で、お昼の時間に仕事の事やプライベートの事等3人で色々話した。

お昼の時間はあっという間に過ぎて行って、私は会社に戻る時間になった。

西島さんと翔はまだミーティングするみたいで、そのままカフェの個室に残った。

この日が私と西島さんの初めて会話をした日だった。