無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

Don't let me go
いよいよソロツアー最終日になった





あなたからの返信や連絡はない





あのバレンタインデーの日から1ヵ月半が経とうとしていた





ライブの最中は夢中で歌ったりダンスしていれば一瞬でも忘れて笑顔になれるのに、バラードで今の心境に近い曲を歌うとあなたを思い出し苦しくなった




Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
...それでは聞いてください
Don't let me go...




もう君には会えない
Don't let me go Don't let me go
oh oh oh movie観に行こうか
ポケットに隠しこんだtiket
君のflavor
ポップコーンの甘い香りも合わさって

悲恋のような恋の急展開
重ね合わせて見る期待
同じキスシーンの場所まで
君を連れて行っていいですか?

素直に言葉にできたなら
どんな今だったんだろう


oh oh oh storys 見ていたら
たまたま君を見つけたんだ
求めていたその笑顔に
返せない僕が写っていた
ヒロインに憧れた君と
ヒーローに憧れた僕は
よく未来の話を
星眺めながら語りました



迷わず手を奪えてたなら
どんな未来だったんだろう


2人に戻れない選んだ道を進んで
隣にいて欲しい
君にはもう会えないなんて
Don't let me go Don't let me go
Don't let me go...

あの頃にはきっと戻れない2人
夢の中でもし会えたら
もう二度とnever let you go 

2人に戻れない選んだ道を進んで
隣にいて欲しい
君はそういってたのに
Don't let me go Don't let me go
Don't let me go...


2人に戻れない選んだ道を進んで
隣にいて欲しい
僕はいつでも迎えに行くよ
Don't let me go Don't let me go
Don't let me go...

Don't let me go







歌い終わりライトが消えて会場が暗くなる



気付いたら頬には涙が伝っていた





...あなた、まだ間に合うかな...?









...オレはいつでも迎えに行くよ...