無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

バレンタインデー
nissy side



今日はバレンタインデー✨



今はソロライブの真っ只中だから今日もライブがある




あなたにはライブが終わった後オレの部屋で会うことになっていた




だからライブは集中して頑張ろう、そう思っていた



あなたside



今日はバレンタインデーだけど、隆のソロライブの日だから、翔に言ってスタッフの1人として来ている




隆にはサプライズしたいから私がスタッフの1人としていることは秘密にしている



翔にも口止めして、いよいよライブが始まった




観客の1人として見たい気持ちもあった為、客席の方にも行って隆の歌っている様子を見ていた




隆はやっぱりライブが好きなんだな、歌やダンスが大好きなんだな、と思った





会場が一体となる DANCE DANCE DANCEや切ないバラードのSHADOWS、ポップで可愛い17th Kissなど...




カッコいい、可愛い、面白い、セクシー、隆は色々な面を持っている



そのギャップが多くの人を惹きつける魅力でもある







しばらくして隆が歌っている時に社内の人用の席を見ると、AAAの宇野ちゃんがいた




メンバー同士でお互いのライブを観に行っているのは知っていたから仲がいいな、と思った
翔
あなた、どう?
まだnissyにはバレてない?笑
あなた
あなた
うん笑
隆が控え室に入ったら行ってみようと思って😉
翔も秘密にしといてね笑
そしてライブが終わり、隆がやり切った様子で控え室に戻った




着替えたりシャワーを浴びたりする為、1人になる時間があるみたい




隆の控え室付近をうろうろしていると誰かが来たので、とっさに物陰に隠れた





ヒールの音から女性だとわかり、隆の控え室に入って行った




中から声が聞こえたので、私は聞き耳を立てた





宇野ちゃん
宇野ちゃん
にっしー!😊
Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
宇野ちゃん!?
来てくれたんだー!
ありがとー😊
宇野ちゃん
宇野ちゃん
すごい良かったよ!
会場全体が盛り上がってた!😉
Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
ほんと?
今日の為に色々と頑張ったからね😎
宇野ちゃん
宇野ちゃん
じゃあ、頑張ったにっしーに私からご褒美ね✨
これ...今日はバレンタインデーだからチョコだよ😉しかも手作り💜笑
Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
ありがと笑
義理なのに気を遣わせちゃってごめんね?笑
宇野ちゃん
宇野ちゃん
...じゃないよ...
Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
ん??
宇野ちゃん
宇野ちゃん
それ、義理じゃないよ😢
私にっしーのことずっと好きだった...
なんでいつも恋愛対象に見てくれないの...
もういい!
バタン!


ドアが開く音が聞こえて、隆が追いかける足音が聞こえる


Nissy(西島隆弘)
Nissy(西島隆弘)
宇野ちゃん!
待って!
宇野ちゃん
宇野ちゃん
ううっ😢
宇野ちゃん
宇野ちゃん
にっしー...
(ぎゅっ)
あなたside



私は宇野ちゃんを必死で追いかける隆の様子を見て、もうこれ以上この場にはいられないと思い、そっとその場を離れた





心は重く、見てはいけないものを見てしまった気がしてさっきまでの明るい気持ちはどこかへ行ってしまった





翔には帰る事を伝え、隆に渡そうとしていたケーキは隆のマンションのドアのところに置いて来た





自分の家までなんとかたどり着き、シャワーを浴びながら今まで我慢していたものが溢れたように涙を流した