無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話 翔目線
こんな
いつもの朝を
ぶち壊す事が
起きるなんて
思いもよらなかった…


舞「さあ
着替えるから
男子たちは
出てね^^」

母「下で待ってるわね♪」

翔修「はーい♪」

ガラッ←閉めた音

俺と修は
下に向かった。

母「修は早く食べちゃいな。
あとはい
弁当♪」

修「サンキュ♪
いただきます♪」

修は食べた。


あ「体中叫んでる~♪」

母「階段で踊らない!」

あ「知ってる
こけそうになった(笑)」

舞「バカだ(笑)」

あ「うるさい!」

にぎやかだな(笑)

翔「マネージャー来ちゃうから
食べようか^^」

あ「うん♪」

翔あ舞母「いただきます♪」

全員で食べた。


修「ごちそうさま♪
じゃ行ってくる。」

あ「あ、
さよならじゃないよね(笑)」

舞「(笑)」

修「また会えるから(笑)」

母「はいはい
行ってらっしゃい。」←冷静

修「じゃーね♪」

カチャ

パタン

.