無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話 翔目線
いつもの朝…

俺は
起きて

妹たちを起こしに向かう

まずは
隣に寝てる

修を起こす

翔「起きろ!」

修「お兄ちゃん
おはよう…」

翔「おはよう^^」

修「今日朝練だから早く出るね!」

翔「分かった。」

修は
制服に着替えて
準備してる

~♪←嵐

修「あなたお姉ちゃんの携帯かな(笑)」

翔「かもね(笑)」

母「みんな
ご飯できたから
下来なさい!」

あなた以外「はーい」

舞「ほーら
あなた
起きろ!」

俺は
隣の部屋に向かう

翔「入るよ。」

舞「いいよ♪」

ガラッ

翔「まだ
寝てる…
あなた
仕事だから
起きて~」

あ「眠い…」

可愛いんだから!←え

母「あなたの大好きな唐揚げよ」

相葉ちゃんじゃないんだから(笑)

あ「からあげ♪」

翔「マジかよ…」

母「ふふ^^
ウソよ(笑)」

あ「……だまされた…」

あなた以外「あはは(笑)」

.