無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話 翔目線
俺は

スタッフと
話してると…

あ「翔兄危ない!」

翔「え?」

俺は
突き飛ばされ

あ「うわー!!」

ガシャーン

潤「あなた!?」

翔「あなた!!」

ニノ「早く救急車!」

スタッフ1「はい!」

スタッフ2「誰が
この照明セットしたんだ?」

スタッフ3(新人)「僕です…」

スタッフ2「もしものことがあったら
どうすんだよ!」

スタッフ3(新人)「すいません!」

智「しかってる
場合じゃないでしょ!」

ス2「はい…」

雅紀「照明どけよう?」

ス2「はい!」

スタッフは
照明をどけた…

翔「あなた…」

ニノ「あなたは
きっと大丈夫です^^」

ス1「5分後に来るみたいです。」

嵐「分かりました。」


マネと
正門に向かった。

あなた
死ぬなよ!


しばらくして

救急車が来た

俺は
担架に乗せ

救急隊員は
あなたを手当てする

あなたの名前言い

病院に運ぶ

.