無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第18話

R18
俺の激しいキスに応えるように舌を絡ませてくるあなた
『 んぁっ///////   』
急いであなたの服をずらして…真っ白で綺麗なあなたの胸に触れる
『  ひゃっ////// てひょん//////// 』
「  …気持ちよくさせてあげる  」
『  んっあっあっ/////// 』
あなたの胸の突起を舌で転がす
『  てひょ、ん//// もっと//////// 』
あなたってこんな女だったっけ?
俺と会ってない間に随分と学んだのかな?
まぁとりあえず今はこっちに集中しよう
「  びしょびしょ…もう感じてるの? 」
next ____
----
微妙なとこで切ります。許してください。(白目)